奈良県・和歌山県の乳がん検診事情


奈良の乳がん検診事情

乳がん検診というのは基本的には問診と触診が行われているのですが、現在ではより詳しく検査をすることができるマンモグラフィというX線検査をすることが多くなっています。この検査をすると細胞が石灰化した時点で発見することができるので、早期がんになるまでに対処することができます。乳がんというは転移しやすい癌なので、定期的に乳がん検診を受けることでリスクを下げなければなりません。奈良県の場合は40歳以上の女性が対象ですが、希望をすると35歳以上でも受けることができます。また対象外の年齢の女性の場合は保険が適用されないので自己負担になります。乳がん検診を2年に1回受けることによって乳がんになったとしても初期の段階での治療が可能になるので、切開手術などによって乳房を切除する可能性を低くすることができます。乳房は血管が網の目のようにつながっているので、リンパなどに転移しやすいので、早期発見が非常に重要になります。

和歌山の乳がん検診事情

乳がん検診を和歌山県で受けるためには40歳以上の女性であることが必要で、2年1回定期的に検査を受けることができます。乳がん検診では問診や触診、マンモグラフィが行われるので、がん化する前の段階の細胞を見つけることができます。癌に関しては早期発見が一番大切なので、行政では年に一度の胃がんや大腸がんの検診や2年に一度の子宮がんや乳がん検診が行われています。癌に関してはがん細胞が体内で広がってしまうと治療するのが困難になるので、その前に発見をして治療を始めることで入院などをしないで治療することができます。また早期発見をすると治療にかかるコストも下げることができるので、行政にとっても患者にとっても負担が減ることになります。病気になるリスクを最小限にするためには定期健診を積極的に受けて自分の健康状態を把握することが重要で女性の場合には乳がん検診でマンモグラフィなどの詳しい検査をすることで早期発見ができるので、乳がんを早めに治療することができます。